2016年07月06日

高野山8月の行事ご案内 〔不断経〕

不断経(ふだんぎょう)
  8月7日より一週間 午前9時より   場所伽藍 [金堂] 
                    (一般のお方も参加お参りできます)
                              
     お盆の間、お経を絶やさずお唱えする行事で、寛治8年(1094年)より
    滅罪生善(めつざいしょうぜん)のために一日に三座ずつ1週間行われます。

     金堂の中を「理趣経」と言うお経に節を付けて、堂内を廻りながらお唱えします。
    お経にメロディーの付いたものを「声明」と言いますが、普段お唱えします声明とは
    少し曲想がことなり、とても特徴の有る節回しでお唱えします。
    これを中曲行道(ちゅうきょくぎょうどう)と言います。声明に興味のある方は是非
    一度お参り下さい。
     
     この法会では、真然大徳が重んじられ、金堂の左右大曼荼羅の裏には、
    真然大徳と釈迦如来の掛け軸がかけられます。
    その日、三座目最後のお経は、途中まででお唱えされ終わりとなります。
    その続きは翌日の朝から始められ引き継がれ、法会は1週間続きます。






                



                      





              
                       
               新緑がまぶしいく、通り抜ける風もさわやか






Posted by 西門院 at 20:02